【読書マインドマップ】:『モレスキン「伝説のノート」活用術』を読んで、My活用法を宣言します!


モレスキンを語るのに最強のお二人(堀正岳さんLifehacking.jp 管理人/中牟田洋子さん moleskinerie.jp 管理人)がタッグを組んで出された、モレスキンファン待望の一冊!

モレスキン 「伝説のノート」活用術~記録・発想・個性を刺激する75の使い方

モレスキンノートを長年愛用してきた著者らのテクニックをすべて公開。

世界中のモレスキンファンが培ってきた活用法や改造テクニックを網羅。

第1章 なぜ、モレスキンノートが選ばれるのか

第2章 モレスキンノートに人生を入れる

第3章 モレスキンノート「3ステップ活用法」

第4章 モレスキンノート「ビジネス活用術」

第5章 モレスキンノート「生活活用術」

第6章 モレスキンノート「DIYカスタマイズ術」

第7章 モレスキンノートと相性のいい文房具

巻末付録 モレスキンノート一覧

【書評などとするにはモレスキンビギナーの自分には恐れ多いので、感想などつらつらと。】

あなたが、モレスキンを手に取った理由は何ですか?

私の動機は不純で「憧れ」からでした。

モレスキンには歴史があり、このノートを使用してきた偉大な画家・作家(ピカソ、ヘミングウェイなど)も多く、このノートを使ったら「何かすごいことが起こるかも?!」という期待で購入。

でも、それは正解でもあり、大きな間違いでもありました。

なぜならばモレスキンを持つことでいきなり特別な何かが生まれるわけではなく、そこに記録された自分の発想・出来事・想いが重要なのであり、“高価なノートだからカッコいいこと書かなくちゃ”とか“見栄えよくきれいに”など邪念にとらわれていると、大切な瞬間を逃すのです。これは大変な損失ですね。

それなら、値段を気にせずザクザク書くける100円ノートでもいいじゃないか?

確かにその通りなのですが、“使用するアイテムへの愛情を持つべし”

これはモレスキンに限ったことではないですが、自分がこれだと決めた相棒と長年つきあうこと。

同じ手帳に蓄積できることが魅力なのだと思います。

次に、「自由度の高さ」について。

モレスキン初心者にとって、実は難易度にも感じてしまう点なのですが、ポジティブに考えれば、「試行錯誤して使ってこそ得られる自分なりの使い方・個性」に出会えるチャンスでもありますよね。蓄積されないと個性は見えてきません。

長年付き合ってみないと得られないものを得てみたい!

そんなワクワクした気持ちで使えるのがモレスキンの魅力なのでしょう。

そこで、私はどんな気持ちでモレスキンと付き合っていくのを決めて宣言いたします~!

モレスキン・マイクレド(=私はこうすると決める指針)3箇条

  1. 考えすぎずにとにかく書け!特別な何かを記録しようと気負うな。
  2. 後から見返して再編集する楽しみ(レビュー)をしっかり味わおう。
  3. ノートを高価だと思うな、記録した自身の発想・出来事・想いこそが価値ある財産だ。

【まとめ:読書マインドマップ】

本書の内容から、気なった箇所を中心にまとめてみました。

私の日常使い手帳は、ほぼ日手帳(オリジナルは日記用、カズンはレビュー用)、能率手帳(スケジュール用)ですが、日々記録した情報の収集がしづらいという弱点があります。でも、紙質や手帳の使用は大変気に入っていて(手帳への思い入れ重要ですよね)、来年度以降も継続して使用することに決めていますので(※ほぼ日手帳と能率手帳については、後日また別エントリーにて述べる予定です)、私のモレスキン用途は、「メタ・ノート」として活用したいと考えています。

ハードカバーで丈夫という点から、旅行に持参する用途にも魅かれています。

旅行に向けてのブレーンストーミングも楽しそう!旅先で出会った人にコメント書いてもらうのも素敵なアイデアですよね。

f:id:miku8:20100915160347j:image

大きな画像はこちら→Flickrにてご覧いただけます。

★使用したノート:ユナイテッドビーズ(UNITED BEES)セクションパッド A4(方眼) 80枚 420円

薄い水色の方眼は、コピー写りしにくく、インクの裏移りもしないので使いやすいです。

★使用したペン:SCW-12 ぺんてる カラーツイン 12色セット

太い・細いのバランスが良く、カラフルな色合いはマインドマップを書くのにおすすめ。

【さいごに】

先ほど「ブログを書き終えたー!」と、最後の文字を入力した瞬間、ブラウザがフリーズ。。。

最初に入力した渾身の記事が一瞬にして消えました。自分なりに快心の文章出来栄えだったので、あまりのショックに心が折れそうになりましたが、ここでくじけてはいけない!再度気持ちを奮い立たせて書きました。

改めてアナログのありがたみが身に沁みました(苦笑)。

はてなダイアリーでは自動保存がないのですね。MTの仕様に慣れていたので侮っていました。

今後はまめに下書き保存するよう肝に銘じます。みなさまもお気をつけて~。

▼関連するおすすめ本

モレスキンはもちろん、そのほかの手帳などにデザイナーが描いた内容が紹介されています。

個性的な小冊子が紹介されています。レイアウトやコラージュの参考になります。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: マインドマップ, 文房具 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.