私の手帳歴と使い方を熱く語ってみる。


9月に入ってから来年の手帳どうする?というツイートやブログ記事をよく目にするようになりました。

【手帳の話題になるとワクワクする人】

そもそも、手帳を使うのか、使わないか。アナログか、デジタルか、兼用か。

仕事用か、プライベート重視か、すべて詰め込むのか。選択肢は様々。

「手帳には人生が詰まっている」といわれるように、その人のライフスタイルが反映されたもうひとりの自分のようで、個性が出ますよね。

手帳を使っているという話題になると思わず身を乗り出してしまいます。

「手帳に込めた記録&愛情」というのは「人生をより豊かにできるか」に直結していて、だからこそ、手帳本体や手帳術にはこだわりを持っている人が多いのだと思います。

f:id:miku8:20100921222259j:image

▲私の手帳遍歴(とりあえず8年間分)

※写真には載っていませんが、会社員時代は、支給された能率手帳(B5)をずっと使っていました(足掛け6年間)。営業、運営など、分単位でかなり細かいスケジュール管理が要求されてた時代でした。残念ながら、退社した際に処分。もしかしたら1冊くらいは実家に残っているかも…。私の中では、「仕事モード=能率手帳」なスイッチが働くようになったのはこの時代の影響が大きいです。

私の場合は、ライフスタイルの変化に合わせて使用する手帳も様々なタイプを使用してきましたが、ここ数年間は、ほぼ日手帳を継続して使うことで方向性が定まってきました。

【具体的にどう使っているのか】

2010年手帳は、ほぼ日手帳(オリジナルとカズン)と能率手帳(ゴールド)の3冊使い。

オリジナル(マキノコレクション リネンデニム):日記帳として。写真や切り抜きを貼ったりもする。自宅置き。

カズン():朝レビュー用(一日のうち何度か開いて書き加えたりもする)。自宅置き。

能率手帳(ゴールド、ネームは伊東屋で入れてもらった筆記体):作業記録用(SOHO仕事は4年目なので、年間を通じての業務は時期に応じて定番化しており、それほど多くの記入スペースを必要としない。日々の進捗状況管理と作業見積りに使っている。)。左ページがWeeklyの時間軸、右ページが白紙。白紙部分にアイデアや調べることなどToDoリストを書く。かつ、持ち歩き用としても活躍。

f:id:miku8:20100922090012j:image

後ろにあるポケット部分とバンド。

f:id:miku8:20100922090011j:image

ここへ付箋紙とロディアメモを装備。付箋紙がポケットの蓋として機能しているのがこだわりポイント。

f:id:miku8:20100922090013j:image

後ろのスペースに「無印良品」のメモ手帳をはさんで、ふと思いついたことや気になる話題などを書き留めたりしている。画像の赤丸部分のように少し切り取るとスムーズに装着。

※ネットショップを見たら、今この商品は取り扱いがなくなっている可能性があります。このように販売終了になると困るので、できるだけ超定番なメーカーの商品を選ぶべきなのでしょう。

【ほぼ日手帳(カズン)の使い方:試行錯誤中】

※以下、黒字は、2010年4月9日の手記より

見直したい箇所は赤字で記載。

・日々のToDo見積もり&健康(食事)管理目的で、2010年4月4日よりスタート

・作業行動や思考を抽出するためのノート(未確定なもの、夢、未来日記的な内容も含む)。

「ああ、この日にコレを思いついたのかー」とか「毎日同じタスクがあがっている」などパターンを見返せる記録として。

・家族共用の手帳(伝言板、予定把握、食事リクエストetc)とするため家置きとする

・朝一に「気になること」を箇条書きに全て書き出す(=PCでスケジュール管理・整理するための準備運動的な作業として)→終わった項目から逐次消去線をひく+メタ・ノート(モレスキン)への転載

・仕事でPCモニターに向かう時間が長いので、朝、紙手帳に向かうことで気持ちを整理・頭スイッチを切り替えたい

・家事にかかる時間のうち、食事の準備(片付け)割合が多かったのを見直して、自分の時間をもっと捻出したい→献立や食材買い物記録(無駄な買い物を控えることやダイエット効果も狙っている)

・自分のスケジュールや考えていることを家族に知らせる(書き込んでもらう)、何年か後に見直すと楽しいかも(喧嘩も想い出に…?!)

基本的に何かを貼らない(オリジナルはいろいろ貼りすぎて毎年厚みが増して収集つかなくなってきたので、カズンでは記入専用にしたい)→ 写真やイラストを貼らないとちょっと寂しいので、今後は貼るようにしたい。貼る場所をどうするか?

・マンスリー  → 予定の管理(既に決定済みの予定やイベント)

 ウィークリー → 週間計画(週ごとの目標&予定組み)

 月間インデック→ 今のところ白紙 → ここへ写真を貼ろうかな?

 デイリー   → 3分割

 (左時間軸:食事メニューと時間

 (右:デイリーTo-Do

 (下:伝言板や思考記録、イラスト練習スペース

【他のツールとの連携】

・重要なタスクはGoogleカレンダー&Refillsで管理

・収集した情報はEvernoteへ + モレスキンをメタ・ノートとして加える

【来年はどうするか?】

2010年と同じ種類3冊を使う予定です。ほぼ日オリジナルは、どのカバーにするか悩んだ挙句、『アイビー・タータン』(月曜始まり)を注文。第一候補だったヌメ革は見送り。カバーのグレードを落とした分、モレスキンを買うつもりです。

<課題点>

・使用している冊数が多いので、できれば1冊に絞りたい。

・ほぼ日手帳をフランクリンプランナー的に使いたい。

そして、当ブログで手帳を語るきっかけとなった⇒『名言コツコツ』さんのエントリー:「ちょっと濃いめ」の手帳オフをダダ漏れしましたよ の動画を見ての感想は、次の記事でがっつり語りたいと思います。

手帳術のツワモノ揃いメンバーが、熱~く語るトークは必見ですよー!自分もやってみたい技が満載でした。興味ある方はぜひ。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 文房具 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.