ジャズ初心者でも探せた!自宅SOHOオフィスをスタバ風にするアルバムはこれ。


自宅で仕事をするには「オン」「オフ」の切り替え工夫が大切です。

集中力を持続させたり、気持ちをリフレッシュさせたりする方法のひとつとして、音楽を利用しています。

でも、あまり馴染みがありすぎる(好き過ぎる)曲だと、音楽のほうに気持ちが向かってしまい、逆に仕事に集中できなくなってしまいます。

そこで、思いついたのが「スタバで仕事をしているような気分になれるようなジャズCDを探そう」。

とはいえ、探すといっても、ジャズの右も左も分からない自分には途方もなく…。

指南本を探してみたら、ズバリ!素敵な一冊に出会いました。

一生モノのジャズ名盤500 (小学館101新書)

ジャズに興味はあるけれど、何から聴いていいか迷ってしまう・・・そんなあなたにお勧めしたい、究極のジャズ名盤ガイド

老舗ジャズ喫茶店主が耳で選んだ500枚のジャズ・アルバムを、「聴いた感じ」別に18のグループに分類、それぞれのグループを代表するアルバムをまず1枚聴いてみて、気に入ったら同じタイプのアルバムに手を伸ばすことによって、ジャズを一生楽しめる豊かな趣味にすることができます。

すべてのアルバムのジャケット写真を掲載し、巻末にはアーティスト索引とアルバムのデータも完備。

(本書扉より)

おぉぅ~!これは私に向けたメッセージですか?!と言わんばかりの誘いに乗って、この本にあるアドバイス通りに18のアルバムを順に聴いてみました。(近所で利用できる図書館で検索したところ、紹介されているこの18枚全てが利用可能で、図書館のありがたさを改めて実感!)

「聴いた感じ」別 というのがいいです。

これなら、スタバ風なジャズ曲を探すという目的を達成できそうです。

以下、目次をメモっておきます。

18枚のアルバム名が気になる方は、ぜひ本書を手にとってみて下さいね~!

自分好みの目的に合わせた曲が見つかるでしょう。

ちなみに私が「これを部屋に流せばスタバになる!」と感じたのは、「第4章」で紹介されているアルバムでした。

“自然と体が動き出す、ノリの気持ちよさ”とありますが、このカテゴリは、カフェでさりげなく流れている軽やかな雰囲気なのでしょう。

訪問者から「なんかスタバっぽい曲かかってるね~♪」というお墨付きもいただきました(してやったり~!笑)

目次

第1章 これがジャズだ!  -何かが始まりそうな、予兆に満ちたジャズ

第2章 新・これがジャズだ!  -より刺激的な、開放感を感じさせるジャズ

第3章 巨匠たちのジャズ -聴き手が選ばれる芸術世界

第4章 グルーヴィ・ジャズ -自然と体が動き出す、ノリの気持ちよさ

第5章 リラックス・ジャズ -緊張を解き、かつ濃厚な味わいが楽しめるジャズ

第6章 ジャズに浸ろう -個性的なジャズマンの世界を味わう

第7章 新・ジャズに浸ろう -ジャズ即興の新しいガイドライン

第8章 ピアノジャズ -日本人の心に響くハードバップ・ピアノの真髄

第9章 新・ピアノジャズ -ビル・エヴァンスの系譜、協調型ピアノトリオを聴く

第10章 白人たちのジャズ -軽やかで、技巧的、アンサンブル重視のジャズを聴こう

第11章 クールジャズ -聴いて涼しげ、ミント系のジャズ

第12章 コンテンポラリー・ジャズ -1970年代以降”現代的な音”を聴く

第13章 ユニーク・ジャズ -拡散するジャズの到達点を聴く

第14章 フリー -違和感がスリルとなる魅力

第15章 ヴォーカル -個性を表現する歌の世界

第16章 新・ヴォーカル -他ジャンルと融合した新しいヴォーカル

第17章 ビッグバンド -リズムと音色の複雑な混じり合いを聞く

第18章 歴史的名盤 -時空を超える豊かで圧倒的なジャズ

章ごとに雰囲気が異なるので、利用したいシーンに合わせて自分好みのプレイリストを作ろうと思います♪

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 音楽 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.