PENTAX K-5 カメラど素人のデビュー3日目レビュー。見える世界が変わった!


カメラど素人の私が、一目惚れ買いした「PENTAX デジタル一眼レフカメラ K-5 18-135レンズキット K-5LK18-135WR」。

連写しても速攻保存できるよう「SanDisk SDHCカード Class10 32GB SDSDX3-032G-J31A」を購入して使用。大満足です。

以下は、まずは直感操作だけで過ごした3日間のレポートです。

1日目:液晶フィルムを貼る。レンズフィルターをつける。バッテリー充電。ストラップをつける。カメラバックを探してネットで注文。説明書のうち「お使いになる前に」「準備編」「使ってみよう」の部分を軽く読む。

▽使用した液晶フィルム

エツミ 液晶保護フィルム プロ用ガードフィルム ペンタックスK-7専用 E-1852

すぐに使いたかったので、店頭にあったK-7用のを購入しましたが、K-5につけても大丈夫でした。

Amazonレビューの評価はあまり高くないようですね。私も「うわっ、ホコリが3つほど入った…気泡があるけど、剥がすと余計増えそうだし…えいっ。」とそのまま強引に貼ったら、ホコリが入っている箇所がどこだったのか全くわからない状態になりました。

▽購入したカメラバック

f.64 カメラバッグ DCPT ブラック f.64-DCPT

シンプルなデザインなのに機能的、軽い。使いやすいです。ネットで見ただけでの購入でしたが、これにして正解!

2日目:分厚い説明書を読むより、まずは撮ってみたい気持ちが先行して街へ繰り出す。直感操作で撮影開始。

▽花屋にて(背景のボケ具合が出て感動。シャッター押すだけ自動モード「グリーン」)

f:id:miku8:20110130152125j:image

3日目:モード切り替え方法がわからず、説明書の「いろいろな撮影」部分をもう少し丁寧に読む。連写機能を試したくて動物園へ出掛ける。←イマココ

▽まずは一枚撮りの写真。ガラス越し 距離1m程。

f:id:miku8:20110201111448j:image

▽同じ位置から肉球をズーム(手前側の肉球にAF合わせ)

f:id:miku8:20110201111512j:image

▽少し角度を変えて親トラの後ろに隠れている赤ちゃんトラにズーム。い、癒される…。

f:id:miku8:20110201111611j:image

▽「あっ、野鳥だ」とすぐに構えてシャッターを押しても、被写体にピントばっちりで背景ボケ具合も良し。

f:id:miku8:20110201113516j:image

▽連写モードで撮影した白クマのロッシーくん。以下は、iPadの画面。

▽iPadへのSDカードデータ取り込みは、Apple iPad Camera Connection Kitが簡単。

カシャカシャカシャカシャ…あまりに素敵すぎる連写音に陶酔。

f:id:miku8:20110201180851p:image

【私がPENTAX K-5を購入するまでの経緯】

数年前からカメラ好き友人の影響で写真に興味を持つ。

トイカメラ(BABYLON.4、VQ1015、SQ28mなど)で写真の楽しさに目覚める。

NATURA CLASSICAでゆるふわ写真撮りも好き。

日常使いはコンパクトデジカメ SONY Cyber-shot DSC-T700

ステップアップで、ミラーレス一眼に興味を持つ(一年前くらい)

オリンパス PENの購入を迷い、表参道での発売イベントに行ったりするも、様子見のまま時は流れ…

このままではいつまで経ってもコンデジから抜け出せないことに危機感を覚え、今週中に買うと決意。

エントリーモデルの中から選ぼうと、キャノンとかニコンを中心に探すも、手に持った感触が自分にはしっくりこず。そして、同じ店頭に並んでいたカラフルなペンタックス K-xに目が留まる。デジタルフィルター機能が楽しそうだと心惹かれるも、シャッター音のガシャガシャという響きが大きいような気がして、一旦保留。

自宅に戻ってからネットでレビューリサーチ

ペンタックスをキーワードに検索すると「K-5」の評判がやけに良いのが気になる

翌日、店頭で「K-5」を手に取ってみる。マグネシウムボディーのひんやりとした手触り、グリップ部分が指の形に合わせて凹みがあるので抜群のフィット感、上品で軽やかなシャッター音、驚異のISO 51200 暗闇でも手持ちで撮影できる…etc.

一目惚れ。陥落。決定!

【購入前にしたこと】

ペンタックスの公式サイトで「ステイン問題」についての記載があったので、購入前に電話して確認しました。

最初に電話に出た方は、おそらくマニュアル通りの対応をされていたので、私はその説明に納得がいかず、もう少し詳しく突っ込んだ話のできる方をとお願いして折り返し電話をしてもらいました。「素人ゆえに問題が生じていても気がつかないのでは?」というお恥ずかしい質問にも丁寧に対応して下さいました。「不具合が生じている製造番号は把握しているのか?」の質問には「把握できていない。判明できるものなら公式アナウンスをします。最近出荷しているものは大丈夫です。」と回答。

ネットレビューを読んでいると、初期頃出荷した分に生じている現象のようですよね。私が購入したのは、カメラのキタムラにて最近入荷した在庫。症状は出ていない(と思う)です。

ずっと欲しい~欲しいぃ~~言い続けてきたのに、ピンとくる出会いがなかったんです。

それが、まさかの急展開。デジモノの購入は欲しいときが買い時と思わないと、いつまでも決心がつかないものではありますが、気に入らなければ無理に買うことはありません。運命の出会いを逃さないようにしたいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: カメラ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.