六つの質問がすべて「イエス」のときは、かならずいい方向へと進む。


震災後は、判断力や想像力をめいっぱい働かせようという意識がより強くなったような気がします。

仕事上ではもちろん、日常生活の中でも「それでいいのか?」「やるべきことは何か?」など考える時間が増えました。

でも、判断を下さなくてはならない場面で、迷うことも多いものです。

そういう時は、以下の六つの問いを心に投げかけてみると、自らの価値観が浮かび上がってきます。

 1. 心の底から、それをやりたいのですね。

 2. それは、世のため、人のために必要なことですね。

 3. それを実施することで、世の中を悪くしたり、バランスを崩したりはしないですね。

 4. 実際に、それをやる人たちは喜びますね。

 5. 成功して、採算が合う確信がありますね。

 6. もし失敗したときには、全責任がとれますね。

(P34)『「本物」になるクセづけ』船井幸雄

迷いや不安な気持ちが心を占めていたとしても、上記のようなチェックリストに基づいて判断するようにすれば、自らの価値観を見失わずに決定することができそうです。

また、マインドマップを用いて、これらの六つの項目をそれぞれ「イエス」「ノー」で書き出しておけば、思考回路が残るので記憶を呼び起こしやすく、フィードバックするのに役立ちます。

ところで、フィードバックとは。

入出力を持ち、入力に対してある操作を行ったものを出力とする系を考える。このとき、その出力が入力や操作に影響を与えるしくみがあるとき、これをフィードバックという。出力の増加が入力や操作を促進する場合を正のフィードバック、逆に、出力の増加が入力や操作を阻害することを負のフィードバックという。

(Wikipediaより)

プラスになる要素が多いものは「正のフィードバック」、リスクや迷いがある案件は「負のフィードバック」となるわけです。

これら“正負”の割合も、判断基準に加えると、より自信をもって判断決定できるのではないでしょうか。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 名言 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.