2つの『星の王子さま』~モレスキンとポップアップ絵本


Moleskine 限定版ノートブック「星の王子さま」発売になりましたね。

http://www.moleskine.co.jp/Moleskine-World/News/nws_110421_prince

『星の王子さま』は、母校の中学校で毎年、練成会のテーマとして扱われている本で、クラスメイトと激論を交わして、グループ発表を行った特別な思い入れのある青春の一冊。だから、モレスキンの限定版発売を知った時、すごく嬉しかった~!

手帳の表紙には王子さまの姿と、物語の中で使わている「大切なものは、目に見えない」という言葉、裏表紙の内側には、「僕たちは不変なものを書き記す」という言葉がフランス語で綴られています。

哲学・人生についてなど、王子さまと語るような気分で書きこんでいきたいなぁ。

この発売に合わせて、以前からず~っと欲しいなぁと思っていた(2010年02月04日にTwitterにつぶやき記録がありました)

星の王子さま ポップアップ絵本・完全翻訳版も満を持して購入。

▼ラージサイズと比較しても、さらに大きく分厚い絵本

f:id:miku8:20110427193953j:image

子どもに読み聞かせするには、かなりインパクト大の迫力ですが、物語の内容を鑑みれば、むしろ大人のための絵本かもしれません。

f:id:miku8:20110427194024j:image

自炊派の私ですが、これは断裁できない一生モノの本になりそうです。

f:id:miku8:20110427223902j:image


いよいよ日本でも「iPad2」の発売情報が出て、気になるところですが、容量が64GBまでと初代と変わらないので、今回は見送ることにしました。

クラウド利用環境が便利になってきたとはいえ、動画や電子書籍データを大量に扱いたいので、すぐにアクセスできるよう本体にできるだけ入れておきたいのです。

電子書籍化したデータ管理について、どう扱うか?をGW中にまとめようと考えています。

今までは、私本管理Plusというフリーソフトを利用していたのですが、バックアップデータを疎かにしていたら不覚にもPCデータが吹っ飛ぶ事件が起こりまして(涙)、管理していた500冊以上のデータが消失(本のデータは外付けHDDに保存していたので無事でした)。未入力のデータも200冊分くらいあるので、おそらく現在700冊ほどの電子書籍データがあります。

メディアマーカーが大変便利で利用させていただいています。でも、こちらは図書館本も含めての読書記録にしているので、断裁本の管理とは分けたいなぁ~。うーむ、どうしよう。

私のメディアマーカー利用→ miku8の本棚 http://mediamarker.net/u/miku8/

できるだけ「簡単&楽に」かつ「活用しやすい形で」管理できる方法を模索してみます。

▼関連する過去のブログ記事

・読書バランスシートを徹底管理するには

・ポータブルHDDにスキャンしたPDFファイルを入れてMy電子図書館を作ろう

・漫画文庫本68冊を断裁スキャナー電子文書化するのに何時間かかる?に挑んだ週末

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: モレスキン, 漫筆 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.