合理的でない習慣を見直す


暮し方の定番は、習慣と間違えやすいものです。

不自由な方法でも三回やれば慣れて、自然にできあがってしまうのが習慣です。

これに対し、暮し方の定番とは、生活行為を無駄なく快適なものにするためのシステムです。

無駄が発生しないためには、常にシステムの改良が必要です。

単なる習慣を定番にしてしまわないよう、三度不自由を感じたら、置き場所や使い方を変えることです。

無駄なく、豊かに、美しく生きる30のこと』加藤 ゑみ子

転勤族の我が家は、もう何度も引っ越しをする度に「ああ、もっと早く整理しておけばよかった」という悪しき定番を、次こそは華麗に身軽にこなしたい!

そこで、家の中の不要なもの(使っていないもの)を減らして、「定番な」ものを増やすプロジェクトを、”いつかの次”に備えて地道に進めています。

「定番な」もので揃えておくと、購入する品を迷う時間ロスもなくなりますし、使わないモノが増えすぎることも防げます。

私の一番の課題は、積ん読本を減らすこと。なかなか減りませんが、読み終えた本を電子化する作業は、本棚のうち3区切り分のスペース分を空けることができました。この余白が心のゆとりに効いてきます~。

「無駄なく、豊かに、美しく生きる」という姿勢は、とても素敵な在り方だと思うので、日々の生活の中で心掛けていきたいですね。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: セルフマネジメント, ライフハック, 良い習慣をつくろう タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.