やりたいことがわからないのなら、好きに関わる回数と時間を増やす方法を試してみよう


やりたいことを探すヒントとして、「好き」という感情を重視してみてはどうでしょうか。

自分の好きなもの(事/人/物)に、今よりも関わるようにすればいいのです。自分の好きなものを大切にして、関わる回数と時間を増やしていけばいいわけです。

・物は、つくる/売る/買う/楽しむなどの関わり方
・事は、仕事としてか/趣味としてか、自分ひとりでやるか/誰かといっしょになるのか/人がやるのを見るかなどの関わり方。

好きなものを大切にすることが、やりたいことになるし、それが幸せにもつながるのではないでしょうか。

考えすぎない』本多時生

これは、昨日、ワークショップ(美篶堂×点と線模様製作所 コラボレーションによるワークショップ「布表紙のハードカバーのノート作り」)に参加して、「自分は工作苦手だけれども、作るのが好き」ということを再認識したところに出会った言葉です。

「好きなこと」イコール「得意なこと」とは限らないんですよね。
下手だけど好き、だからこそ続けたいって思うし、続けられる!

「やりたいことがよくわからない」とか、逆に「やりたいことがありすぎて、どれからやったらいいのか迷う」という場合には、「好きに関わる回数と時間をどうコントロールしたいのか」を基準に「今やるべきこと」を決めていく方法が、どちらにも効果があるような気がします。

じっくりと時間をかけてあなたが好きなものを知ること
どのような生き方が好きなのかを知るために

– サラ・ブレスナック

また、「自分が好きな関わり方」は、どれなのか?

もし、一度で決められなかったとしても、同じような場面に何度か遭遇すれば、選んだ回数が多いほうが、自分にとってのやりたい方向だと示してくれます。ライフログをつけている人であれば、もっと明確に、記録を見返すだけで過去の自分が気付かせてくれます。

この方法は、自分のことなのに自分が一番よくわからない、って袋小路に入ってしまったモヤモヤを解決してくれるかもしれません。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: セルフマネジメント, ライフハック, 素敵な人になろう タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.