たった1つ心掛けるだけでコミュニケーション上手になれる手法 #szokhack003

心理カウンセラーのハラコヤスフミ氏(ファシリテ代表 http://facilite.jp/)による講演「人を動かす質問力」を受けました。

学んだことや「これはすぐに実践できる!」という内容をシェアしたいと思います。

人は「受け入れてほしい、励ましてほしい、頼られたい、頼りたい」という根本的な欲求を持っています。だから「共感」や「興味を持っていますという姿勢」が相手に伝わるとコミュニケーションが円滑になります。

そして、相手のことを知るためには「質問」をするわけですが、問いには「5W2H」の種類があります。

5W
・What(何が)
・Who(誰が)
・Where(どこで)
・When(いつ)
・Why(なぜ)

2H
・How(どのように)
・How(どのぐらい)

いずれも私たちが日常で何気なく使っている問いなのですが、この中にひとつだけ(極力)使わない方がいい手法があるそうです。何だと思いますか?

それは、「なぜ?」というワード。

この「なぜ?」という問いかけは、投げかけられた幅が広すぎて回答しにくいのです。
答えにくいということは、「なぜ?なぜ?」問うほど、相手にプレッシャーを感じさせてしまっていることになります。

例えば、何か困ったことや悩み事があって話かけたのに、相談した相手に「なぜ?」と返されても、「(だから、それがわからないから相談したのにーっ!)」ってストレスになりませんか?

でもこういう場面、自分も無意識にやっちゃってるかも・・・?!

相手がなるべく答えやすいようにするためには、「なぜ?」は使わないこと。このたったひとつの心掛けなら、すぐに実践できそうですね。

相手と一緒になって考えてみること、分析する過程に参加してみること、こういう姿勢や気持ちでコミュニケーションに望めば、相手との信頼関係も築きやすくなりそうですね。

▼ハラコ氏おすすめの心理学NLP(神経言語プログラミング)入門書


【静岡ライフハック研究会Vol.3 @miku8ツイートまとめ】

14:01 静岡ライフハック研究会Vol.3始まりました!

14:13 ハラコさんの講演スタート。癒し系の音楽が流れ、室内照明も少し落として・・・

14:16 講演:人を動かす質問力 心理カウンセラーがひそかに使っている質問スキルと意識

14:19 講師ハラコさんの人生を変えたNLPとの出会い。自分が変わったポイントは、心理学を習って「実践」したこと。

14:20 心とは何?→抽象的な概念。でも、実は心は「仕組み」になっている。

14:23 すべてのモノ・コトには意味はない。記憶・経験・学習をした側、心のほうに意味がある

14:25 大前提:判断・解釈・意味付けは、人それぞれ経験が異なるものだ。それを踏まえた上で、コミュニケーションとは何か?を考えよう。

14:29 人が持つ根本的な欲求:受け入れてほしい、励ましてほしい、質問してほしい、頼りたい、頼られたい。欲求を満たすことは、潜在的な不安(孤独感)を和らげることにつながる。

14:31 何を伝えるかよりも何が伝わったかが大事。コミュニケーションは受け取った「反応」に意味がある。

14:35 クローズドクエスチョン:「はい」または「いいえ」答えが制限されている質問

14:36 オープンクエスチョン:相手の中にある答えを求める質問。思考や感じていること、経験や状況を聞くために使う。 なぜ?→5W 2H

14:37 相手の相談に乗りたいとか、導いてあげたい時は「なんで?なんで?」という問いは避けたほうがよい。

14:40 オープンクエスチョンを上手く使うと、質問によって相手の答えを誘導することができる。

16:55 静ラ研まとめ:今回は勉強会のレベルを高めで行いました。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.