上海観光ベスト3:ガイドブックに載っていない知っ得情報 – 観光編


昨日の記事「上海の歩き方:ガイドブックに載っていない知っ得情報 – ホテル編」に引き続き、本日は観光編。

ガイドブックでは見かけなかったけれど、知っていて良かった情報をシェアしたいと思います。これから上海を旅行される方のご参考になれば幸いです。

では、観光に関する情報Best3をカウントダウンで発表します!

上海観光Best3: 第3位 タクシーを活用して効率よく

R0010924
交通運賃が日本と比べてかなり安いので、タクシーを上手に活用すると観光の幅も広がります(基本料金は3Kmまで14元[1元=13円])。ガイドブックにもタクシー乗車時の心得「料金メーターが動いているか確認する」とか「評判のよいタクシー会社名」などが乗っていたりしますが、私が中国人ガイドさんに教わった情報はさらに細かいものでした。

ナンバープレートにアルファベットX(エックス)が入っているタクシーには絶対に乗らないこと。これはいわゆる「個人」タクシーなんだそうです。赤い車体が多いそう。中国語が話せないとトラブルに巻き込まれる恐れも。

優良ドライバーの見分け方は、助手席前に掲示してある許可証に★マークが多いこと。★5つが最高位。ツアー会社が手配したタクシーは全て5つという安心感がありました。基準は、経験年数や車体の清潔さ大きさなどで、総合的に決まるそうです。街中で拾うタクシーは★3つが多かったです。

上海観光Best3: 第2位 語学堪能なガイドを一日貸し切りにする

パックツアーで旅行を申し込んでも「自由行動」が多い場合には、到着日からできるだけ早い日(到着翌日がベスト!)に「ガイドを一日貸し切り」するのがおすすめ〜!

私は出発前にネットで「海外のオプショナルツアー、ホテル トラベルドンキー」を利用して「ガイド手配 8時間」を申し込みました。当日ガイドさんと会ったら、行きたい場所やリクエストなどを伝えて、プランを決めます。

そして、8時間の間行動を伴にするわけですが、私がリクエストしたのは・・・
「交通機関(地下鉄・市内バス・水上バス・リニアモーターカー)」に全て乗りたい」
「豫園観光を詳しく」
「中国伝統スタイルを感じられるカフェを体験したい」
「足裏マッサージ体験」
「ランチは点心」
自分たちだけではとても1日で回りきれまないようなボリュームでも、これを8時間の間で全て体験できるよう、見事なプランニングをしてくれました。

移動や食事などにかかる費用はもちろん実費ですが、豫園のように観光料が必要な場所では、ガイドさんは専用のパスを見せるとガイドさんは無料で入園できます。

中国人のガイドさんですが、日本で生活できるほど語学は堪能、歴史や観光案内にも長けていて、そのガイドさんを8時間も独り占めできるのは非常にお得だと思いました。メニューの通訳やお店でのオーダーなども非常にスムーズにできますし、ざっくばらんなサブカルチャーの話とか、中国若者の恋愛事情などもしたりして、楽しかったですね〜。

上海観光Best3: 第1位 雲が手に届きそう!天空のバー「FLAIR」(リッツカールトン 58階)

R0010753
「上海一高いところにあるアウトドアバー」です。ホテル内でバーまで行ける直通のエレベーターはないので、乗り継ぎます。わかりにくいので、お店の名前を示して従業員さんに教えてもらいました。予約なしでも入れますが、事前に予約したほうがいいです。

テラス席(屋外)を希望すると、ガラス仕切りなく生夜景を堪能できます!
「東方明珠塔」が近くに見えるのですが、その展望室(中球)地上263mが真横に見える高さなんです。東京タワーの特別展望台が223m。比較してもいかに高い場所にあるか想像できると思います。風も感じますし(意外とそよ風でした〜)雲が近い!感動!!!
R0010748
ミニマムチャージ(一人400元以上のオーダーをすること)がありますので、ご注意を。メニューを少し載せておきますので、ご参考までに。これに税金15%加わります。

・シャンパン(グラス) 210元
・白ワイン(グラス)120元
・フレンチフライ(ポテト) 78元
・ギネスビール75元

下の写真で、一番左にあるのが東方明珠塔で、球体になっている展望室の右真横延長線上にあるビルが、リッツカールトンです。その屋上が、このバー。
上海でしか体験できない楽しみ方、ここにありました~。
R0010773

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 旅行 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.