たとえ「無名」であったとしても、「無力」ではない。


星をつくった男 阿久悠と、その時代』(重松清)の中でこのようなニュアンスの表現が、心に留まりました。

“ たとえ「無名」であったとしても、「無力」ではない。”

自分のことを知らない誰かにとっては、わたしは「無名」なのだけれど、だからといって、その誰かのために「無力」なわけではなく、何かできることはあるんだろうなと思う。

ひとりひとりが重要であり、それぞれに役割があり、誰しもに現実を変える力がある。(動物行動学者/ジェーン・グドール)

自分はまだまだ力不足だなぁ・・・って思うことばかりだけれど、そう感じた今日の行動は、きっと明日を変化させる力になっているはず。未来を変える力を誰もが持っている。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: ポジティブシンキングで, 自分磨き タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.