ぺんてるMulti8の芯を替える方法:カラー芯などが8本入る最強のカスタマイズペン

使用取り扱い書をよく読まずに使うモノグサな性格で、ペン1本くらい、読まずに使えるだろうと「ぺんてる Multi8の芯を替える方法」を今まで知らずに使ってきました。

シャープペンシルの芯を入れるのと同じやり方なのかと思って・・・

ノック部分(黒い)つまみをとりはずして、その中にある白い部分を力づくで開けようと試みて外れず・・・

ああ、危うく壊す寸前でした。繊細な日本製の文房具に心よりお詫び申し上げます。

芯を出す: クリップを使いたい色に合わせて(回転させて)ノック
芯を戻す: 逆さに向けてノック

ここまでは、直感的操作で出来るのですが、さて・・・

芯を替える: ノックするボタンにシルバーのラインが入っていて、それを、クリップの▼マークに合わせると、ペン先が大きく開くのです。

そして、ラインと▼が合っていない場合は、ペン先の開きが小さくなり、芯の落下を防ぎます。芯の軸尾には脱落防止用の金属キャップが付いているのです。

ほんのちょっとした操作なのに、ものすごく機能的ですよね!感動〜っ(今頃?!)
でも、この仕組みを知らないと、芯をどうやって取り出したらいいのかわからないし、入れることもできないんです。

非常に簡単な操作で出来て、ユーザビリティに優れた構造を持っているMulti8に、さらに惚れましたよ〜。

セットに入っている8色(画像上から順に)

RED
ORANGE
YELLOW
GREEN
DAIZO NON COPY(青焼きコピーに写らないピンク芯)
PPC NON COPY(普通紙コピーに写らないブルー芯)
BLUE
BROWN

デフォルトの8色以外にも、黒、黄緑、桃色、水色、紫、HB芯、蛍光ピンク、蛍光イエロー、ボールペンリフィルの替芯(2本入り)があります。
色芯は、100円。蛍光芯、ボールペンリフィルは、150円。

これ一本あれば、とにかく便利!いつも持ち歩き手放せません。
使い方に応じて芯をカスタマイズできるのもいいですよね。
繊細な日本製の文房具に敬意を表して♪ 本当におすすめです!

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 文房具 タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.