「待ち時間」と「残り時間」。人生はその2つの繰り返し。


待ち時間と残り時間。人生はその2つのくりかえしみたいに思えます。待ち時間に苛立ち、残り時間に焦り、そんなふうに暮しています。

ときには
人生全体を残り時間だと思っている人もいるし、人生全体を待ち時間のように感じている人もいます。

ならば
待ち時間を「残り時間だ」と思いかえてみたり、残り時間を「待ち時間かも」と思ってみたりすると、焦りや苛立ちが消えていくこともあるのかもしれません。

薔薇色の鳥の本』石井ゆかり

今日は時間のおはなし。
師走になると「時間」の大切さがより身にしみて感じられます。

「残り時間」という意識だと、減っていく感覚が焦りにつながるのですが、「持ち時間」と思えば、「どう使ってあげようか」という気持ちになるので、気持ちの在り方って大事だなぁとしみじみ感じます。

一方、「待ち時間」のほうはどうでしょう?
「待たされている」と感じれば苛立ちにつながるけれど、「何かを育てている過程」だとすれば、待ってみようかという気持ちになります。

時間は誰にも平等に与えられているはずなのに、人によってその感覚は様々なのは不思議だなぁ~。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: セルフマネジメント, タスク管理, ライフハック, 名言 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.