「何を持つか」より「どう生きるか」の時代|成人の80%が、「『これがなければ幸せな人生を送れない』という製品やサービスは、それ程多くない」と・・・

2013年の「成人の日」、関東地方は大雪に見舞われて交通網は大混乱。

成人を迎えたみなさま、おめでとうございます。

大変な一日になってしまいましたが、忘れられない体験になったことでしょう。

本日は「成人」をキーワードにした文章から、<幸せな人生とは><豊かさとは>について考えてみようと思います。

成人の80%が、「『これがなければ幸せな人生を送れない』という製品やサービスは、それ程多くない」と考えているという。
「昨日の必需品は、いまや贅沢品である」

スペンド・シフト ― <希望>をもたらす消費 ―

同書では、「何を持つか」より「どう生きるか」の時代にシフトしてきている。借金の時代はモノが主役だったが、貯蓄の時代となったいま、世の中を動かすのは”意味”である。と説いています。

消費に対して「意味」づけを大切にする傾向が強まってきているのは、私自身の消費行動をみても言い得ているなと感じます。

<代わりのきかない>モノコトヒトが、どれだけかけがえのない存在なのかに想いを馳せ、「自分にとって、それは何なのか?」を日頃から自ら問う習慣づけをしていきたいものです。

そう問いながら歩んでいくことが、<幸せな人生>につながり、<豊か>だと感じられる心を育んでいくのではないでしょうか。

<スペンド・シフト>とは
・自分を飾るより → 自分を賢くするためにお金を使う。
・ただ安く買うより → 地域が潤うようにお金を使う。
・モノを手に入れるより → 絆を強めるためにお金を使う。
・有名企業でなくても → 信頼できる企業から買う。
・消費するだけでなく → 自ら創造する人になる。

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku の紹介

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: 自分磨き タグ: , , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.