iPhoneカメラのシャッターは押すのではなく、離すのだ。


From LemeLeme.
携帯のシャッターって、ボタンを押してから時差がありますよね。

iPhoneのカメラで、どうしてもそのタイミングがつかめずに、手ブレ写真になってしまったり、狙った瞬間を逃していました。何がいけないんだろう?って悩んでいたんですよね。

・・・えっ?!シャッターは押すのではなく、離すんですって???

もしかしてiPhoneユーザーの常識ですかっ?!)Oo(゚Д゚;)イマゴロシッタヨー

カメラを起動したらすぐにシャッターボタンを押し続けて

撮りたいタイミングになったら離す(カシャッ!)

∑(*´◯`ノ)ノ うぉぉぉぉ~!! こういうことだったのかー!!

▼この本が教えてくれました。
シーン別でアプリを使い分けるコツなどもあり、少しずつ試していこうと思います。

一番上の4分割になっている写真は、アプリ「LemeCamera」を使って「Action4」モードで撮影したものです。
このモードは1回目のシャッターを押すと、2秒間隔くらいで次のシャッターが自動的にきられるので、指を離す技は使いません。
トイカメラ風にエフェクトをかけられるので、日常の何気ない写真もアートな仕上がりにできるのでとっても気に入っています。

▼詳しい使い方やエフェクトの紹介は、下記のブログ様でとてもわかりやすく書かれています。
iPhone4カメラアプリ「LemeCamera」と「LemeLeme」の比較!![iPhoneでトイデジ、ときどきピスト、そして音楽、つまり日常]

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

miku について

当ブログでは、あなたにお手紙を書くような気持ちで、好奇心旺盛に日々のいいね!を綴ります。ささやかな幸せを共有できましたら嬉しいです。 ▼オンライン上の活動は、以下のプロフィールページにまとめてあります。 http://flavors.me/miku8
カテゴリー: iPhone, アプリ, カメラ タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

This blog is kept spam free by WP-SpamFree.